神奈川県、太陽光発電設備等の導入を希望する民間施設を募集

発表日:2012.08.14

神奈川県は、太陽光発電設備等の導入を希望する民間施設を募集すると発表した(募集期間:平成24年8月14日~9月7日)。同県では、「再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)」を造成し、平成24年度から5か年計画で、防災拠点や避難所等に指定されている公共施設又は民間施設に、太陽光発電等の再生可能エネルギー設備と蓄電池などを導入することにしている。今回、民間施設について、より積極的な導入を図るため、導入を希望する事業者を募集する。対象とする民間施設は、災害時に地域の防災拠点となり得る施設(医療施設、駅舎、コンビニ等)。対象設備は、1)太陽光発電設備、2)蓄電池設備(商用電力系統と太陽光発電システムの両方から充電できるもの)、3)その他の再生可能エネルギーを用いて発電する設備(風力発電設備、小水力発電設備、バイオマス発電設備等)。同県では今後、募集結果を参考に補助金の規模や事業計画の策定を検討するという。

情報源 神奈川県 記者発表資料
機関 神奈川県
分野 地球環境
キーワード 風力発電 | 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | バイオマス発電 | 蓄電池 | グリーンニューディール | 小水力発電 | 神奈川県 | 民間施設 | 防災拠点
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS