帝人(株)、バイオ由来のポリエステル繊維が日産自動車の電気自動車に採用

発表日:2012.11.21

帝人(株)は、同社のバイオ由来ポリエステル繊維が、日産自動車(株)が2012年11月に発売する電気自動車の内装に採用されたと発表した。同繊維は、構成成分の30%強をバイオマス(サトウキビ)の成分に置き換えた、植物由来のポリエステル繊維。今回採用されたシートおよび内装トリム表皮材は、帝人と、自動車向けシート事業を展開するスミノエテイジンテクノ(株)および日産自動車(株)が共同開発したもので、石油由来のポリエステル繊維を使用した場合に比べ、化石資源の消費抑制や、そのカーボンニュートラル効果により温室効果ガスの削減に貢献できる。同社では今後、同繊維の拡販を進め、2015年度には自動車用のシートおよび内装材用途で、ポリエステル繊維の販売量に占める割合を50%以上とする計画にしている。

情報源 帝人(株) ニュースリリース
機関 帝人(株)
分野 地球環境
キーワード 電気自動車/日産自動車/温室効果ガス/バイオマス/帝人/ポリエステル/内装/カーボンニュートラル/サトウキビ/化石資源
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS