ゾウアザラシが海洋循環と気候変動の解明に貢献

発表日:2008.08.12

南極海のゾウアザラシに装着したセンサーからデータを集め、海洋循環や気候変動の解明に役立てようという研究事業が、パリの自然史博物館のCharrassin博士らによって進められている。南極海の循環は地球の気候を理解する上で重要で、また巨大な氷床は気候変動に敏感に反応するため、南極海は気候変動研究のホットスポットとなっている。通常、海洋調査では、衛星や浮き、船等を使用するが、この方法では冬季の氷の下の観測は不可能。そこで、氷の下も含め、広く南極海を移動するゾウアザラシ約100頭にセンサーを装着し、これまでデータ収集が不可能だったエリアでも調査できるようにした。センサーで温度や圧力、塩分を測定し、ゾウアザラシの位置も含めて衛星にデータを送信、自動的に世界気象機関(WMO)の全球気象通信システム(GTS)で世界中の予報センターに配信する。集められたデータは、海氷生産のサイクルの解明に役立ち、南極海の循環に関するコンピューターモデルを改善し得るものだという。

新着情報メール配信サービス
RSS