2015年は2014年よりも高温の年、アメリカ気象学会が確認

発表日:2016.08.02

アメリカ気象学会は、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の国立環境情報センターの協力の下、世界の環境データと気象状況をまとめた年次報告書「気候の現状2015年版」を発表した。それによると、2015年は長期的な地球温暖化と、少なくとも1950年以降で最大規模のエルニーニョが組み合わさり、気温が2014年の記録を上回り、少なくとも19世紀半ばから後半以降最も高温の年だったという。また、CO2、メタン、亜酸化窒素などの主要な温室効果ガス濃度が過去最高を記録し、2015年の世界の平均CO2濃度は2014年比で2.2ppm増の399.4ppmだった。世界の地表の平均気温は1981~2010年の平均を0.42℃~0.46℃超過、世界の海面の平均温度は平均を0.33℃~0.39℃超過し、いずれも2014年の記録を更新した。海面水位に関しても、2015年は世界の海面上昇の衛星による記録が開始された1993年と比べ約70mm高く、過去最高となったという。

新着情報メール配信サービス
RSS