オランダなど、気候変動の適応の課題に対処する国際研究機関を起ち上げ

発表日:2017.02.06

オランダ社会基盤・環境省(I&M)は、気候変動に強い世界の構築に寄与するため、オランダ、日本、国連環境計画(UNEP)の主導による「気候適応グローバルセンター・オブ・エクセレンス」をオランダで起ち上げると発表した。同センターは、自然災害や社会経済の混乱など気候変動に起因するリスクが増大する中、適応のため国や機関、企業を支援する必要性が高まっていることに対応したものである。パリ協定は、気候変動への適応を緩和と同様に世界的な最優先課題としており、各国から適応策の優良事例やガイダンスを求める声が高い。同センターでは、近年実施された政策やプロジェクト等で得た教訓を活かし、気候変動への適応を加速させるガイダンスを作成する。対策の実効性を判断するための情報やノウハウの活用により、国や地域、企業の投資判断に効果的な適応策が組み込まれ、新たな道路や建物、農地等の適応力が強化されるという。同センター設立には、UNEP、日本の国立環境研究所、オランダ環境評価庁(PBL)の他、様々な研究機関や国際機関、国・地方自治体等が参加している。

情報源 オランダ社会基盤・環境省(I&M) プレスリリース
国・地域 オランダ
機関 オランダ社会基盤・環境省(I&M)
分野 地球環境
キーワード 気候変動/国立環境研究所/UNEP/オランダ環境評価庁/PBL/適応/オランダ社会基盤・環境省/パリ協定/I&M/国際研究機関
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS