オランダ環境評価庁、世界各地で土地劣化が深刻化すると予測

発表日:2017.08.01

オランダ環境評価庁(PBL)は、国連砂漠化対処条約(UNCCD)の依頼により、2050年までの土地利用・土地の状態の変化とその影響を分析し、食料や木材、バイオエネルギー等の需要増により世界各地で土地への負荷が増大するという結果を公表した。研究では、人口増加や経済成長等の状況が異なる3つのシナリオを用いて土地利用の変化を予測した。その結果、農産物など土地を必要とする製品の需要は2050年までに30~80%増加するという。一方、現在の土地管理では、世界で900万km2以上の土地が劣化しつつある。劣化している土地の大半は農地で、世界の農地の12%を占める。特にサハラ以南のアフリカでは、劣化した土地は陸地面積の20%にのぼり、農業生産や水管理、土壌や植物中の炭素貯留に影響している。アフリカや南アジアなど脆弱な乾燥地域では、2050年までに人口が40~50%増加する見込みで、問題はより深刻である。これらの地域では土地利用の限界や土壌生産性の低下等への対処が課題だという。

新着情報メール配信サービス
RSS