欧州委員会、循環型経済への移行を測定する枠組みを起ち上げ

発表日:2018.01.16

欧州委員会は、EUおよび加盟国の循環型経済への移行状況を測定する枠組みを起ち上げた。これは、既存の政策措置の効果を把握し、取組を強化する必要のある領域を特定するのに役立つという。枠組みは以下の4領域からなる。1)生産と消費:EUの原料自給率、環境配慮型の公共調達、廃棄物発生、食品廃棄物、2)廃棄物管理:総再利用率、廃棄物種別の再利用率、3)二次原料:再利用材料が原料需要に及ぼす影響、再利用可能な原料の取引、4)競争力と革新:民間投資、雇用、粗付加価値、循環型経済部門に関連する特許。欧州連合統計局(Eurostat)は、この枠組みの測定データを視覚的に把握しやすく掲載した専用のウェブサイトを起ち上げた。それによると、循環型経済部門は2014年に約1410億ユーロの付加価値を生み、再利用材料はEUの材料需要の約10%を満たしている。2015年の全包装廃棄物の再利用率は66%だったが、そのうちプラスチック包装の再利用率は40%に留まっていることも示された。

新着情報メール配信サービス
RSS