欧州委員会、プラスチックごみを削減する新ルールを提案

発表日:2018.05.28

欧州委員会は、欧州の海洋や海岸で最も頻繁に見つかる10種類の使い捨てプラスチック製品と遺失・放棄された漁具を対象とする海洋ごみ削減への新ルールを提案した。プラスチック製ストローやマドラー、綿棒など、代替製品が既に安価に利用できるプラスチック製品はEU市場で販売を禁止する。加盟国には、食品容器や飲料容器の削減(削減目標の設定、代替製品の販売、プラスチック製品の有料化などによる)、2025年までに使用済ペットボトルの回収率を90%以上にすること(デポジット制度などによる)、使い捨てプラスチックごみの悪影響、再利用制度、廃棄物管理の方法に関する意識啓発を義務付ける。生産者には、食品容器や包装、飲料容器、フィルター付きタバコ、ウェットティッシュ、風船、ビニール袋などの廃棄物管理・浄化費用の負担と、明確で標準化された表示(廃棄方法、環境への悪影響、プラスチック含有の有無)を義務付ける。ルール案は2019年5月の欧州議会選挙までに具体的成果を出すことを目標に、欧州議会および理事会に提出される。

新着情報メール配信サービス
RSS