アメリカエネルギー省、地熱発電の研究開発プロジェクトに約1140万ドル助成

発表日:2018.10.09

アメリカエネルギー省(DOE)は、地熱エネルギー開発の促進のため、研究開発プロジェクト7件に約1140万ドルを助成すると発表した。現在、米国の地熱発電は、既存技術の制約もあって西部に集中しており、発電量は約3.8ギガワットである。技術革新によって開発可能な地熱発電量は100ギガワットと推定され、地理的な限界も超えられると考えられる。そのためには熱水や高温岩体を利用した強化地熱システムの推進とシステムを構成する費用効果の高い技術の開発が必要である。今回の助成は、超硬質ナノ複合材料と超高速表面処理技術を利用した掘進率を倍増する掘削ビットや300℃の環境で1000時間作動可能な掘削姿勢センサの開発等、先端技術や新素材を利用して掘削トラブル時間の短縮や掘進率の向上等を図る実用的な技術開発に与えられる。アメリカエネルギー省は、地熱エネルギーはクリーンで効率的なベースロードエネルギー資源であると位置づけ、新規開発技術による国産再生可能エネルギー資源の利用の拡大を目指すとしている。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 水・土壌環境
環境総合
キーワード アメリカエネルギー省 | 地熱発電 | 助成 | 研究開発プロジェクト | 地熱エネルギー開発 | 地熱システム | ベースロードエネルギー資源 | 再生可能エネルギー資源
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS