アメリカエネルギー省、プラスチックリサイクル研究開発に2500万ドル助成

発表日:2020.03.16

アメリカエネルギー省(DOE)は、先進製造局とバイオエネルギー技術局が共同実施する助成プログラム「BOTTLE」がプラスチックリサイクルの研究開発に2500万ドルを助成すると発表した。BOTTLEは、熱可塑性プラスチックの埋立と環境への放出を回避するためのバイオ最適化技術の研究開発を目的とし、DOEが2019年に開始したプラスチックリサイクル技術のイノベーションを加速するための包括的プログラム「プラスチックイノベーションチャレンジ」の一環である。助成対象分野は次のとおり。1)リサイクル性の優れたプラスチック又は生分解性プラスチックの開発、2)従来のプラスチックを分解及びアップサイクルするための新たな方法の開発、3)BOTTLEコンソーシアムとの協働体制の構築。BOTTLEコンソーシアムは、産学の協働により新プラスチックとリサイクル戦略を開発するため、国立再生可能エネルギー研究所等国立研究所を中心として新たに発足した。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) ニュース
プラスチックイノベーションチャレンジ
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード アメリカエネルギー省 | 生分解性プラスチック | 国立再生可能エネルギー研究所 | プラスチックリサイクル | BOTTLE | 熱可塑性プラスチック | バイオ最適化技術 | プラスチックイノベーションチャレンジ | BOTTLEコンソーシアム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS