ドイツ連邦環境省、2019年の温室効果ガスの排出は6.3%減と報告

発表日:2020.03.16

ドイツ連邦環境省(BMU)は、2019年のドイツの温室効果ガス(GHG)排出量は約8億500万トンで前年から約5400万トン(6.3%)減少したと暫定値を公表した。全てのGHGの排出量が減少し、CO2は5000万トン(6.6%)減、メタンは250万トン(4.7%)減、亜酸化窒素は130万トン(3.5%)減となり、2009年の世界的経済危機を除き、1990年以降で最も削減率が高かった。最も削減量が大きかったのはエネルギー部門で、CO2換算で約5100万トン(16.7%)の削減を達成した。産業部門においては、約700万トン以上(3.7%)の削減、建築部門からの排出量は500万トン(4.4%)の増加となった。運輸部門からの排出量は1億6350万トン(0.7%)の増加、農業部門では6820万トン(2.3%)の削減となった。ドイツは1990年比でGHG排出量が35.7%削減されており、2030年までに55%削減することを目標としている。

新着情報メール配信サービス
RSS