欧州環境庁、海洋の生物多様性に関する評価を公表

発表日:2010.03.17

欧州環境庁(EEA)は、EUの海域の生物多様性に関する新たな評価報告書を公表した。海洋は、気候の調節や酸素の生産、大気からの炭素の吸収といった役割を果たし、多くの生物の生息地となっているが、EUの海域は様々な影響に直面しており、早急な行動が求められている。EEAは、「2010年に向けた10のメッセージ」シリーズの第4番目として、海洋生態系への影響を評価。化学肥料の濃度増加による富栄養化や、今後十数年間、継続するおそれのある汚染、また、海面温度や海面上昇等、海洋の化学的・物理的・生物学的性質を変化させる気候変動や、乱獲や海洋の酸性化等と密接に関連する外来種の問題を、主な評価対象としている。現在、欧州の海洋の生物多様性は、基本的にナチューラ2000によって保護されているが、区域の特定や現状評価の遅れが問題化。しかし、海洋保護区は、生物多様性や漁業の保全につながり、その年数や広さによって回復の拡大が証明されていることから、今後の対応が急がれている。

新着情報メール配信サービス
RSS