大和ハウス工業(株)、次世代環境配慮型工場を発売

発表日:2012.12.18

大和ハウス工業(株)は、次世代の環境配慮型工場を、2012年12月20日より発売すると発表した。同社は、法人向けの建築物について、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量をゼロ)を目指すプロジェクトを開始。2011年7月に環境配慮型オフィスを発売し、2012年5月からは次世代環境配慮型店舗の実証実験を行っている。今回、その第5弾として、同社のモデル工場(九州工場)での実証実験を経て、CO2排出量を最大約50%以上削減可能な次世代の環境配慮型工場を発売する。同工場では、1)自然の力を活かす「パッシブコントロール」:高断熱複層ガラスや屋上緑化・壁面緑化など、2)創エネ・省エネ・蓄エネを行う「アクティブコントロール」:太陽光発電システムやリチウムイオン蓄電池など、3)建築設備や生産設備のエネルギーを総合的に管理する「スマートマネジメント」:FEMSを利用したエネルギーの見える化、を採用している。

新着情報メール配信サービス
RSS