トヨタ自動車(株)、ハイブリッド車用の使用済みニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを販売

発表日:2013.01.23

トヨタ自動車(株)は、ハイブリッド車の使用済みニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを、2013年4月から販売すると発表した。同システムは、回収したニッケル水素電池を組み合わせ、自動車用途に比べ重量や体積に制約の少ない定置型蓄電システム用として利用するもの。2012年2月より名古屋トヨペット(株)の太田川店などで実証実験を行った結果、ピークカットなど電力の利用効率を高めることにより、1店舗あたりのエネルギー使用量および電気・ガス料金を、従来型の店舗と比較して半減できることが確認された。また、災害時などの停電時には、電力のバックアップが可能なため、地域の情報収集拠点や避難場所として活用できる。今回、同システムに加え、BEMS・ソーラーカーポート・太陽光発電・LED照明・省エネ空調などを組合せ、電力の消費・蓄電・放電を最適にコントロールし、効率化できる総合的なエネルギーマネジメントシステムとして、全国のトヨタ車両販売店向けに販売する。同社では、今後も持続可能な循環型社会の構築に向けて、取組みを強化していくという。

情報源 トヨタ自動車(株) ニュース
機関 トヨタ自動車(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード ハイブリッド車 | ニッケル水素電池 | 循環型社会 | トヨタ自動車 | 蓄電 | 再利用 | エネルギーマネジメントシステム | 停電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS