日産自動車(株)とヤマト運輸(株)、100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を開始

発表日:2013.01.24

日産自動車(株)とヤマト運輸(株)は、100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を、2013年1月から実施すると発表した。同車は、走行時、信号待ち停車時、配送作業中のキーオフ時にかかわりなく、エンジンを一切使用せずに、常時リチウムイオンバッテリーシステムだけで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させる。車両エンジンへの負荷が無いため車両燃費の改善が期待される一方で、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないことから、荷室の温度管理がしやすく、配送品のより良い品質管理に寄与する。また、配送作業中のキーオフ時でも、十分なバッテリー容量により、長時間安定した冷蔵冷凍荷室の稼働が可能となる。これにより、騒音や排気ガスも気にならず、CO2排出量の削減にも寄与できる。今回の実証運行では、2013年1月からの1年間、日産がモニター車として貸与した1台を、ヤマト運輸が神奈川県川崎市内での業務にこの車両を活用し、集配における実用性を確認するという。

新着情報メール配信サービス
RSS