神戸市、家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置補助制度を新設

発表日:2013.04.24

神戸市は、家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置補助制度を新設し、平成25年度の申請受付を開始すると発表した(募集期間:平成25年5月7日~平成26年3月14日17時必着)。家庭用燃料電池(エネファーム)は、都市ガスやLPガスから取り出した水素と、空気中の酸素との化学反応により発電するとともに、排熱を給湯に有効活用するコジェネレーション(熱電併給)システムで、エネルギー利用の総合効率が80%以上と高くCO2削減に寄与するほか、分散型電源として電力の需給緩和にも貢献できる。今回、エネファームの普及拡大を図るため、市内の住宅にエネファームを設置する市民を対象に、費用の一部を補助する。対象者は、国(一般社団法人燃料電池普及促進協会)の補助を受けて、市内の住宅に家庭用燃料電池システムを設置する市民で、こうべCO2バンクへの入会の意思表明が必要となる。同市では、補助予定件数に達した時点で受付を終了するとしている。

情報源 神戸市 記者発表資料
神戸市 神戸市家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置補助制度の新設及び申請の受付開始
機関 神戸市
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | CO2 | 家庭用 | コジェネレーション | 補助 | エネファーム | 排熱 | ガス | 熱電併給 | 神戸市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS