栃木県、「栃木県EV・PHV充電インフラ整備ビジョン」を策定

発表日:2013.06.06

栃木県は、「栃木県EV・PHV充電インフラ整備ビジョン」を策定したと発表した。同ビジョンは、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)のさらなる普及促進のため、ユーザーの利便性を高めることを目的として、将来の充電インフラ整備の考え方を示したもの。充電インフラ整備の計画として、1)点的設置:道の駅に32箇所増設、2)線的設置:幹線道路、地方国道に73箇所増設、3)面的設置:観光地・山岳部、中核都市、平野部に合計385増設、としている。また、同ビジョンの要件を満たす充電器の設置には、経済産業省が実施している「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」において、充電器の整備費(充電設備機器費・設置工事費)に対し3分の2の補助を受けることができる。同県では、同ビジョンに基づき、市町・民間事業者と連携し、充電インフラの整備を促進するという。

新着情報メール配信サービス
RSS