環境省、地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議の結果を公表

発表日:2013.07.01

環境省は、平成25年6月29日・30日に沖縄県で開催された、地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議の結果を公表した。同会議は、独特の島しょ生態系を有する地域として、沖縄県内の先進的事例を紹介しながら、温暖化防止やサンゴ礁保全への対応についての国際的な動向を踏まえつつ、環境と共生した持続可能なシマの社会のあるべき姿を検討し世界に発信していくため、開催されたもの。会議冒頭に、石原環境大臣より、気候変動の適応、自立分散型エネルギーの導入などの温暖化対策、廃棄物や水といった環境対策等の課題について包括的に支援する「島国まるごと支援」を表明。講演やパネルディスカッション等のほか、サンゴ礁の保全、エコツーリズム、島嶼国における温暖化対策、温暖化への適応についての分科会やサイドイベントが開催され、闊達な議論が行われた。会議の最後には、成果として、「島国まるごと支援」の具体化と、沖縄を拠点として島嶼国の環境保全の取組が一層進展することの必要性などを強調した議長サマリーがとりまとめられた。

新着情報メール配信サービス
RSS