国土交通省と資源エネルギー庁、船舶と運航システムの省エネ化を目指した革新技術の導入・効果検証を行う事業者(補助事業者)の公募結果を公表

発表日:2013.08.15

国土交通省と経済産業省資源エネルギー庁は、平成25年度「省エネ型ロジスティクス等推進事業費補助金(革新的省エネ型海上輸送システム実証事業)」に係る補助事業者を決定したと発表した。同事業は、運輸分野における省エネルギーを一層推進することを目的として、船舶と運航システムの省エネ化を目指した革新的省エネルギー技術の導入及び当該技術の導入による省エネ・省CO2化効果の検証に係る事業を実施する事業者に対し、経費の一部を補助(補助率1/2)するもの。今回、平成25年7月11日から31日まで公募したところ13件の応募があり、厳正な審査を行った結果、以下の9件を補助事業者として決定した。1)日本郵船(株)、2)近海郵船(株)、3)大型ばら積み船省エネプロジェクト((株)商船三井/CANOPUS MARITIME INC.)、4)井本商運(株)、5)向島ドック(株)、6)(株)名門大洋フェリー、7)川崎汽船(株)、8)オーシャントランス(株)、9)新日本海フェリー(株)。

情報源 国土交通省 報道発表資料
経済産業省資源エネルギー庁 公募
機関 国土交通省 経済産業省資源エネルギー庁
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー/CO2/船舶/国土交通省/実証/補助金/資源エネルギー庁/事業者/運航/海上輸送
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS