環境省、福島県の災害廃棄物等の処理進捗状況の総点検を公表

発表日:2013.09.10

環境省は、福島県の災害廃棄物等の処理進捗状況の総点検を公表した。同省では、放射性物質汚染対処特措法に基づき指定されている汚染廃棄物対策地域における災害廃棄物等の処理進捗状況について、総点検を実施し、その結果として、今後の処理の進め方、処理の加速化・円滑化のための施策についてとりまとめた。総論として、1)平成26年3月末までの処理を目指すとした目標を改め、個々の市町村の状況に応じ、除染や復興の動きと連携した災害廃棄物等の処理を推進する、2)災害廃棄物等の処理の加速化・円滑化を図り、処理事業を迅速化・効率化する、としている。特に、避難指示解除準備区域及び居住制限区域においては、各市町村における帰還の妨げになる廃棄物を速やかに撤去することを優先し、早急な処理を実施する。また、仮置き場や仮設処理施設の確保について、早期の同意取得に全力を尽くすなど、市町村の状況に応じた処理目標を設定するとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS