経済産業省、どんぐりポイント制度の協賛事業者の募集を開始

発表日:2013.11.01

経済産業省は、平成25年度「見える化」制度連携活性化事業費補助事業である「どんぐりポイント制度」が平成25年11月1日から開始され、協賛事業者の募集を開始すると発表した。同制度は、「カーボンフットプリント(CFP)を活用したカーボン・オフセット製品等」の流通・購入を促進することで「ライフサイクルで排出されるCO2に配慮した製品やサービス」の普及を進めるとともに、そのポイントを収集する様々な団体が、環境に優しい商品やサービスと交換したり、環境活動に寄付したりすることで、社会全体に環境配慮を広げていくことができる制度である。今回の募集は、自社の製品やサービスについて、1)ライフサイクル全体で排出したCO2を算出して「見える化」(CFP)し、2)それに見合うCO2クレジット(太陽光発電の導入で削減できたCO2排出量など)でオフセット(相殺)を実践している対象製品に、環境に優しい商品やサービスと交換できる『どんぐりポイント』をつけて販売する事業者(協賛事業者)を対象とする。

情報源 経済産業省 ニュースリリース
経済産業省 どんぐりポイント制度
機関 経済産業省
分野 地球環境
キーワード CO2 | ライフサイクル | 経済産業省 | 環境配慮 | カーボン・オフセット | 見える化 | カーボンフットプリント | 環境活動 | CFP | どんぐりポイント
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS