(株)富士経済、大型二次電池の世界市場を調査

発表日:2014.04.18

(株)富士経済は、次世代環境自動車分野、電力貯蔵・動力・家電分野における二次電池搭載製品とその二次電池市場を調査し、その結果をまとめた報告書「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望2014」を発表した。同報告書によると、これらの分野の製品に搭載される大容量の二次電池市場は2013年に前年比19.1%増の1兆6,645億円となり、2025年には2013年比5.9倍の9兆8,570億円が予測される。2013年時点では次世代環境自動車分野と電力貯蔵分野がそれぞれ市場の4割弱を占めるが、今後はハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などの普及により、次世代環境自動車分野のシェアが拡大し、2025年には市場の7割強を占めると予測される。また、注目市場として、2013年の電力貯蔵システム向け二次電池市場は、前年比4.5%増の1,035億円と、住宅用蓄電システムがけん引し1,000億円を突破。2025年には2013年比7.1倍の7,303億円が予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS