(株)富士経済、HV・PHV・EVの世界市場を調査

発表日:2013.03.01

(株)富士経済は、HV(ハイブリッド車)、EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド車)と、関連部品の技術動向、環境規制などのインフラの世界市場を調査し、報告書「2013年版HEV、EV関連市場徹底分析調査」にまとめた。この報告書では、2012年に3タイプの次世代自動車の市販化が進んだが、製品・インフラ・市場環境などの課題が露わになったことから、前年の調査に比べて、10年先送りの現状を踏まえた市場予測を行った。その結果、HV市場は、2012年は160万台(2011年比175.8%)となる見込みで、2030年には日本車が主導権を握り、欧米車がHV化を躍起に推進し、2012年比5.4倍の863万台になると予測された。また、EV市場は、2012年は7万台(2011年比175.0%)となる見込みで、2020年以降に街乗り・セカンドカーにマイクロEVの需要により、2030年には307万台(2012年比43.9倍)になると予測された。

新着情報メール配信サービス
RSS