富士経済、HV・PHV・EVと関連部品の世界市場を調査

発表日:2015.07.22

(株)富士経済は、HV(ハイブリッド自動車)、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、EV(電気自動車)と関連部品の世界市場を調査し、その結果をまとめた報告書「2015年版HEV、EV関連市場徹底分析調査」を発表した(調査期間:2015年3月~6月)。環境規制への対応が焦点となる中で、各国の普及促進策を背景に次世代自動車の市場は拡大している。調査結果によると、HV市場は、2014年は日本や欧州では拡大したが、北米では縮小し、172万台となった。2015年以降は、日本で新車種が投入されるほか、CO2規制や燃費規制の対策需要が続くと予測されることから、2035年は2014年比3.7倍の631万台になると予測された。また、EV市場は、2014年は投入車種の増加等により19万台となった。欧米などでは、航続距離の延伸、EVならではの技術やサービスがさらに充実することで、リピート需要に加えて新規ユーザーを取り込み、市場は大幅に増加し、2035年には2014年比24.4倍の463万台になると予測された。

新着情報メール配信サービス
RSS