環境省、平成26年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模案件形成可能性調査事業の採択結果(第3次公募)を公表

発表日:2014.08.08

環境省は、平成26年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM(二国間クレジット制度)大規模案件形成可能性調査事業の採択結果(第3次公募)を公表した。同事業は、JCMクレジット獲得を目指し、日本の研究機関・地方公共団体・民間企業・大学等とともに日本の技術や制度を現地の実情に応じて調整し、運営・維持管理体制を確立することで、都市や地域などの面的かつパッケージで大規模な実施案件を形成するため実施するもの。今回、公募を行ったところ10件の提案があり、外部評価委員会による評価の結果、契約候補事業として以下の4件を選定した。1)(公財)地球環境戦略研究機関:インド・低炭素技術の利用促進のための実現可能性調査、2)会宝産業(株)等:タイ・自動車排出CO2を削減する為の日本製中古エンジン導入促進事業、3)(株)三菱総合研究所等:ミャンマー・エーヤワディ地域・低炭素型コミュニティのための籾殻発電システムの可能性調査、4)(公財)地球環境センター等:ビエンチャン特別市(ラオス)・京都市連携によるJCM事業調査。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 低炭素社会 | アジア | クレジット | 調査 | 二国間クレジット | 低炭素化 | JCM
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS