環境省、(仮称)大豊風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.10.16

環境省は、(仮称)大豊風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、平成26年10月16日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)ユーラスエナジーホールディングスが高知県大豊町に、総出力23,000kW(2,300kW×最大10基)の風力発電設備を新設するもの。事業実施区域の一部は梶ヶ森県立自然公園に指定されており、クマタカ等の猛禽類をはじめ重要な動植物の生息・生育が確認されている。また、山地稜線部を改変するため、発生土による水環境、動植物の生息・生育環境、生態系、景観等への影響が懸念される。今回の環境大臣意見では、1)騒音等の影響を回避低減するため風力発電設備の配置等の再検討及び低騒音型設備を採用すること、2)年間降水量が3,000mmを超える多雨地域であるため、水環境に対する環境影響を回避・低減する観点から、調査・予測・評価を行い、適切な排水処理計画を策定すること、3)必要な猛禽類等調査を実施すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 水環境 | 高知県 | 環境影響評価 | 動植物 | 環境大臣意見 | 猛禽類 | ユーラスエナジーホールディングス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS