環境省、平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業を公募

発表日:2015.02.17

環境省は、平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業を公募すると発表した(公募期間:平成27年2月17日~3月18日17時必着)。同事業は、水素の製造から利用までに排出されるCO2を更に削減(低炭素化)し、本格的な利活用(サプライチェーンの確立・普及)を通じ、中長期的な地球温暖化対策を推進することを目的とするもの。地域の再生可能エネルギーや未利用エネルギーを活用して水素を製造、貯蔵、輸送、供給し、燃料電池自動車や燃料電池等へ利用するまでの一貫した水素サプライチェーンの実証を、国内で行う。対象事業となる主な条件は、1)実証する個々の技術・システムは、開発済で、少なくとも導入実証が可能な成熟度である、2)事業開始時点で、実証事業地域が概ね決定しており、地方自治体との連携について合意が概ね得られている、3)実証する水素サプライチェーンが、CO2削減効果や他地域への波及効果が高いこと。同省では、審査委員会によるヒアリング審査等を経て、平成27年4月に採択事業を決定するという。

新着情報メール配信サービス
RSS