国交省とエネ庁、平成27年度「スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業」の二次公募を開始

発表日:2015.09.30

国土交通省と経済産業省資源エネルギー庁は、平成27年度「省エネルギー型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネルギー型陸上輸送実証事業)」のうち、スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業について、パシフィックコンサルタンツ(株)が補助事業者の二次公募を開始すると発表した(公募期間:平成27年10月1日~30日)。同事業は、民間団体等が行う、革新的省エネルギー機器の実証事業等の取り組みに関する経費の一部を補助することにより、陸上輸送部門における省エネルギー化を推進するために行うもの。今回、募集するのは、スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業。電子制御による新技術が活用される自動車の省エネルギー性能の維持に必要なスキャンツールの導入経費を補助し、スキャンツールの効果を実証することを通じて、その自立的な普及を図り、省エネルギーの推進に資すことを目的としている。なお、交付決定は、平成27年12月上旬の予定。

情報源 国土交通省 報道発表資料
パシフィックコンサルタンツ(株) 平成27年度『省エネルギー型陸上輸送実証事業』
機関 国土交通省 資源エネルギー庁 パシフィックコンサルタンツ(株)
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー | 国土交通省 | 実証 | 資源エネルギー庁 | 補助 | 陸上輸送 | パシフィックコンサルタンツ | スキャンツール
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS