日産、100%電気自動車を一部改良し発売

発表日:2015.11.10

日産自動車(株)は、100%電気自動車(EV)を一部改良し、2015年12月24日から発売すると発表した。同車は、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能を有すると同時に、高性能リチウムイオンバッテリーと電気モーターの搭載による、力強く滑らかな加速性能、あらゆる速度域で高級車のような静粛性能、優れた重量バランスによる高い操縦安定性、ガソリンに比べ安価な電気で走ることによる経済性の高さを備えている。今回の一部改良では、大容量30kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したモデルを追加した。同バッテリーは、高容量の新材料を使用することにより、従来のバッテリーパックサイズを維持しながら、リチウムイオンの高充填化と、バッテリー内部抵抗の減少を実現した。これによって、室内のスペースを損なうことなく航続距離が280km(JC08モード)と大幅に向上するとともに、急速充電では24kWhバッテリーと同様に約30分で80%までの充電が可能となったという。

新着情報メール配信サービス
RSS