トヨタ、2016年秋発売予定のPHVを発表

発表日:2016.03.23

トヨタ自動車(株)は、2016年3月23日から4月3日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーにおいて、2016年秋発売予定のプラグインハイブリッド車(PHV)を発表した。同車は、2012年1月に電気利用車の早期本格普及を目指し、電気自動車(EV)モードとハイブリッド車(HV)モードが切り替わることで電池残量などを気にせず安心して乗ることができる、普及に適した電気利用車として量販を開始したもの。今回モデルチェンジ予定の新型車は、プラグインハイブリッドシステムにおいて、電池容量を拡大することで、EV走行距離を60km以上と大幅に延長。また、従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用する、デュアルモータードライブシステムを採用することで、EVモード走行時の一層力強い走りを実現している。さらに、プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応している。

新着情報メール配信サービス
RSS