昭和シェル石油、ガス拡散電極を用いてCO2(気体)から炭化水素を合成する新技術を紹介

発表日:2016.12.05

昭和シェル石油(株)は、燃料電池等に活用されている「ガス拡散電極」を用いて、常温常圧下で、炭化水素を合成する自社の新技術を公表した。同社は、太陽光エネルギーを利用して、水とCO2を有用物質に直接変換する研究開発を行っている。今回、1)半導体光触媒と子会社(ソーラーフロンティア)のCIS薄膜太陽電池の積層構造を利用した陽極と、2)水と気体状態のCO2が同時に触媒に接触する構造を持つガス拡散電極を組み合せて、疑似太陽光の照射下で、2)の側でメタンとエチレンを合成することに成功した。同社は、それらの炭化水素への太陽光エネルギーによる変換効率は0.71%で、自然界において植物がデンプンを生成する光合成(0.1~2.5%程度)に匹敵するレベルであると試算している。今後も、ガス拡散電極を用いた人工光合成に研究を進め、2030年までに、CO2から炭化水素やアルコール等を効率的に製造する技術を確立することで、CO2の再利用による持続可能な社会の実現を目指すという。

情報源 昭和シェル石油(株) プレスリリース
機関 昭和シェル石油(株)
分野 地球環境
キーワード CO2/炭化水素/電極/触媒/昭和シェル石油/メタン/変換効率/エチレン/太陽光エネルギー/人工光合成
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS