環境省、「第2回アジア太平洋島嶼国における再生可能エネルギー導入支援研修」の開催結果を公表

発表日:2017.02.16

環境省は、平成29年2月6日から10日に東京、神戸市及び淡路島で開催した、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)との共催による「第2回アジア太平洋島嶼国における再生可能エネルギー導入支援研修」の開催結果を公表した。IRENAは、再生可能エネルギーの普及・促進を目的として2010年に設立された機関で、日本は設立当初より理事国に選出され、特に再生可能エネルギーの開発途上国における展開を支援している。今回の研修は、アジア太平洋の島嶼国において再生可能エネルギーを普及させる上で必要な能力を構築することを目的としたもの。アジア太平洋の島嶼国の行政官12名など計38名が参加し、日本と兵庫県の政策・制度・事例等を紹介するとともに、参加国における導入事例や課題を共有・議論した。また、再生可能エネルギー導入の計画策定・実施について、実際の導入を想定した演習を行い、調整者の役割について理解を深めたという。

新着情報メール配信サービス
RSS