サッポロビール(株)、世界で初めて、セルロース系資源を用いたバイオ水素生産の実証試験を実施

発表日:2009.03.24

サッポロビール(株)とブラジルのペトロブラス社およびエルゴステック社は、共同でブラジル国内における農作物残渣のセルロース系バイオマスを用いた水素等のバイオ燃料生産の実証試験を2009年9月から開始すると発表した。内容積1m3規模のパイロットプラントを使用した、セルロース系バイオマスからのバイオ水素生産の実証試験は世界的にも初めての試み。今回、農業大国でありバイオ燃料先進国であるブラジルの農産製造業やバイオ燃料製造業から排出される農作物の非食用残渣を原料に利用する。農作物の残渣(非食用部)は、食糧と競合することなく、温室効果ガスの排出抑制や代替エネルギーの促進が可能という点から注目されており、世界の一次エネルギーの約3割を賄える資源量に相当することから高く期待されている。同社らは、今回の開発の延長線上に、更なるCO2排出抑制とバイオ水素生産の低コスト化を計画しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS