JST、戦略的創造研究推進事業における平成29年度新規研究課題を決定

発表日:2017.09.19

科学技術振興機構(JST)は、戦略的創造研究推進事業(CREST、さきがけ、ACT-I)の平成29年度研究提案募集において新たに採択された研究課題を発表した。この事業は、国(文部科学省)が設定した戦略目標をもとに、JSTが「研究領域」とその責任者(研究総括)を定め、研究領域ごとに「研究課題」を採択するもので、「CREST」は研究代表者とその研究チーム、「さきがけ」は研究者個人が研究を推進する。「ACT-I」は情報学において優れた若手研究者を見いだして育成を行うプログラムであり、大学院生や企業の研究者を含む若手研究者の個人研究を支援する。今回、「微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」、「多様な天然炭素資源の活用に資する革新的触媒と創出技術」などの「CREST」11領域、「さきがけ」14領域および「ACT-I」1領域について、募集を行った結果、「CREST」52件、「さきがけ」146件、「ACT-I」30件の研究課題を採択した。

情報源 科学技術振興機構(JST) プレスリリース
科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業
機関 科学技術振興機構(JST)
分野 地球環境
キーワード 科学技術振興機構/触媒/エネルギー/JST/文部科学省/戦略的創造研究推進事業/CREST/さきがけ/環境発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS