トヨタ、中国で車両電動化に向けた取組を加速

発表日:2017.11.17

トヨタ自動車(株)は、中国において電気自動車(EV)を2020年に導入するとともに、燃料電池自動車(FCV)のフィージビリティスタディの対象をバスなどの商用車まで拡げることを発表した。同社では、現在、2車種のプラグインハイブリッド車(PHV)の導入に向けた開発を進めている。また、江蘇州に水素ステーションを設置し、10月よりFCV2台による3年間の実証実験を開始している。今回発表したEV導入とFCVフィージビリティスタディの対象拡大と併せ、中国における車両電動化への取り組みを加速させていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS