新日本石油(株)、「バイオガソリン」の販売を開始

発表日:2009.05.29

新日本石油(株)は、2009年6月1日より、東京都、神奈川県、山梨県、埼玉県、長野県、群馬県、栃木県の861ヶ所のENEOSサービスステーションでバイオガソリンの販売を開始すると発表した。バイオガソリンは、バイオエタノールを原料として製造されたETBE(エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)を1%以上配合したレギュラーガソリン。京都議定書では、バイオマス燃料の燃焼によって二酸化炭素が排出されても、次の世代の植物が光合成によってそれを吸収して育つため、大気中の二酸化炭素の総量を増加させないという考え方(カーボンニュートラル効果)により、バイオマス燃料の燃焼によって排出される二酸化炭素を温室効果ガス排出量として計上しないことにしている。同ガソリンは、カーボンニュートラルとされるバイオマス燃料を使用していることから、CO2削減効果があるという。

新着情報メール配信サービス
RSS