環境省、一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成28年度)を公表

発表日:2018.03.27

環境省は、平成28年度における全国の一般廃棄物(ごみ・し尿)の排出及び処理状況等について調査結果を公表した。これによると、1)ごみの排出・処理状況は、ごみ総排出量4,317万トン、1人1日当たりのごみ排出量925グラムとなり、ともに前年度より減少した。また、最終処分量は398万トンで前年度比4.6%減少し、リサイクル率は20.3%となった。2)ごみ焼却施設の状況は、施設数は減少し、1施設当たりの処理能力は微増となった。また、発電設備のある施設は全体の32.0%で、総発電電力量は増加した。3)最終処分場の状況は、残余容量は18年間続けて減少し、処分場数は概ね減少傾向にあり、最終処分場の確保は引き続き厳しい状況にあった。4)廃棄物処理事業経費の状況は、ごみ処理事業経費は増加した。なお、平成23年度から国庫補助による災害廃棄物の処理量、経費等を除いている。

新着情報メール配信サービス
RSS