環境省と国環研、生態毒性予測システム「KATE2017 on NET β版」を公開

発表日:2018.03.29

環境省と国立環境研究所は、「生態毒性予測システム(通称:KATE(ケイト))のインターネット版を公開した。KATEは、生態毒性QSAR(定量的構造活性相関)モデルのひとつで、化学物質の構造式等を入力することにより、魚類急性毒性試験の半数致死濃度、ミジンコ遊泳阻害試験の半数影響濃度等を予測するシステムとして利用されてきた。今回公開した「KATE2017 on NET β版」は、従来のKATE2011インターネット版「KATE on NET」の更新版であり、魚類急性毒性試験の半数致死濃度及びミジンコ遊泳阻害試験の半数影響濃度の予測に加え、藻類生長阻害試験における半数影響濃度や3種の慢性毒性予測(藻類生長阻害試験、ミジンコ繁殖試験、魚類初期生活段階毒性試験における無影響濃度の予測)の機能を追加したほか、QSARモデルの改良、操作性の向上や機能の追加等を行っている。

情報源 環境省 報道発表資料
国立環境研究所 報道発表
機関 環境省 国立環境研究所
分野 健康・化学物質
キーワード 化学物質/環境省/国立環境研究所/毒性/試験/影響評価/生態毒性/KATE
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS