国交省、平成30年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)の第1回提案募集を開始

発表日:2018.04.24

国土交通省は、平成30年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)の第1回提案募集を開始すると発表した(応募期間:平成30年4月24日~6月13日)。同事業は、省エネ・省CO2とあわせて、健康、災害時の事業継続性、少子化対策等に寄与する取り組みの普及啓発を図るため、省エネ・省CO2に係る先導的な技術を導入した住宅・建築物のリーディングプロジェクトを支援するもの。今回、従来の2部門(一般部門、中小規模建築物部門)と新設のLCCM住宅(ライフサイクルカーボス住宅)部門を加え、3部門の提案を募集する。補助対象費用は、設計費(省CO2設計に係るシミュレーション費用など)、建設工事費(先導的な省CO2技術に係る費用)で、一般部門についてはマネジメントシステムの整備費用と技術の検証等に要する費用等も補助対象となる。補助率は1/2、補助限度額は1プロジェクトあたり原則5億円となっている。平成30年5月上旬から、全国8会場で説明会を開催し、同年8月頃に第1回の採択事業の決定・公表、第2回提案募集の開始を予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS