東芝エネルギーシステムズなど、水素サプライチェーンの実証実験の本格運用を開始

発表日:2018.05.24

東芝エネルギーシステムズ(株)と岩谷産業(株)は、水素サプライチェーンに関する実証実験について、すべての設備が完成し、本格運用を開始すると発表した。この取組は、環境省、「地域連携・低炭素水素技術実証事業」(低炭素な水素サプライチェーン実証事業)のうち、「小水力由来の再エネ水素導入拡大と北海道の地域特性に適した水素活用モデルの構築実証」について本格運転に向けて準備を進めてきたもの。具体的には、同道白糠町にある庶路ダムに200kWの小水力発電所を建設し、当該発電所で発電した電気を使い、1間あたり最大約35Nm3の製造能力がある水電解水素製造装置で水素を製造する。製造した水素は岩谷産業が貯蔵・運搬し、同道釧路市内の福祉施設や、同道白糠町内の酪農家、白糠町温水プールに設置する燃料電池や、トヨタ自動車(株)士別試験場において燃料電池自動車の燃料として利用する。小水力発電の電気を直接利用して水素を製造する実証事業は国内で初めてという。

情報源 東芝エネルギーシステムズ(株) プレスリリース
岩谷産業(株) ニュースリリース
環境省 報道発表資料
機関 東芝エネルギーシステムズ(株) 岩谷産業(株) 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 水素 | 環境省 | 低炭素 | 地産地消 | 水素サプライチェーン | 小水力由来 | 再エネ水素導入 | 高圧水素トレーラー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS