日本郵船(株)、技術開発プロジェクトが国土交通省「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」に選定

発表日:2009.06.15

日本郵船(株)は、同社グループが参画する技術開発プロジェクトが、国土交通省の平成21年度「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」の補助対象事業に選定されたと発表した。今回選定されたのは、1)船底に空気を送り込み、海水と船底との摩擦抵抗を低減することで、約10%のCO2削減が見込まれる技術について検証する「大型浅喫水二軸船による摩擦抵抗低減技術の実証実験」、2)自動車専用船の大型化により自動車1台あたりの輸送時のCO2排出量を削減するため、全長200mを超える自動車専用船の避航・操船性能(衝突回避性能)の検証等を行う「船舶大型化に伴う操船性能に関する研究開発」、3)無駄のない運航によるCO2排出量削減を進めるため、世界共通の荷役・通峡時間の予約システムの開発に着手する「国際運航管理システムの開発に着手」の3事業。これらの事業は、(財)日本船舶技術研究協会との共同研究の一環として実施される。

情報源 日本郵船(株) ニュースリリース
機関 日本郵船(株)
分野 地球環境
キーワード CO2/船舶/二酸化炭素/国土交通省/技術開発/日本郵船/海運
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS