国土交通省、内航海運活性化・グリーン化に関する懇談会の中間とりまとめを公表

発表日:2009.07.21

国土交通省は、内航海運活性化・グリーン化に関する懇談会の中間とりまとめを公表した。この懇談会は、学識経験者、内航海運関係者、行政をはじめ、経済団体等も参画のもと、内航海運・内航フェリーの活性化・グリーン化に関して、2009年4月から集中的に検討を進めてきたもの。今回、海運、船舶、船員、港湾の各分野にわたる中長期的な取り組みについての基本的な考え方と今後の具体的な取り組み方策の方向性について、中間とりまとめを行った。とりまとめでは、1)環境産業としての優位性を発揮し、低炭素社会に対応した選択される内航海運の実現、2)安全・効率的かつ持続可能な業態に向けた変革、3)さらなる競争力の強化に向け、国民や経済界も含め幅広い関係者との連携・協働、の3点の基本的考え方の下で、関係者が様々な取り組みを展開し、国もこれを支援していくこととしている。

情報源 国土交通省 報道発表資料
機関 国土交通省
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー/CO2/船舶/国土交通省/モーダルシフト/港湾/グリーン化/低炭素/内航海運
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS