ミニストップ(株)、店舗の使用済み油をバイオエネルギー燃料の原料として供給開始

発表日:2009.07.30

ミニストップ(株)は、2009年8月1日(土)より、東京都23区内のミニストップ店舗より排出される使用済み油(廃食油、約4万4千リットル/月)を、バイオディーゼル燃料(B5燃料)等の原料として供給を開始すると発表した。B5燃料とは、廃食油からできたバイオディーゼル燃料(BDF)を軽油に5%混合し精製された燃料であり、今回の取り組みでは、エネルギー事業会社(シナネン(株))の工場で精製し、東京都の都バス等の燃料の一部として使用する。このしくみにより、年間に約1万キロリットルのB5燃料の精製が可能となり、従来の軽油と比較した場合、年間に約千トンのCO2削減量が見込まれるという。同社は、今度もさらに地球環境にやさしい店舗づくりを目指し、CO2削減に取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS