JICA、サモア向け技術協力プロジェクトの実施内容を発表

発表日:2018.12.20

(独)国際協力機構(JICA)は、サモア独立国政府の実施機関等(財務省、天然資源環境省、太平洋地域環境計画事務局)との間で「気候変動に対する強靭性向上のための大洋州人材能力向上プロジェクト」に関する合意文書(R/D:討議議事録)を締結したと発表した。このプロジェクトは、2017年2月に贈与契約を締結し、現在建設中の無償資金協力プロジェクト「大洋州気候変動センター建設計画(限度額:9億6,200万円)」において、専門家派遣、必要な機材の供与および研修員受入などのソフト面での支援を行うもの。同国を含む大洋州地域14か国の行政官を対象にした気候変動分野(適応・緩和、資金アクセスへの向上)の地域研修を実施するという(実施予定期間:36ヵ月)。

新着情報メール配信サービス
RSS