環境省、松阪飯南ウィンドファーム発電所に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2019.03.19

環境省は、松阪飯南ウィンドファーム発電所に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、(同)松阪飯南ウィンドファームが、三重県松阪市において、最大で出力25,200kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、 1)地元自治体等の関係機関の意見を十分勘案するとともに、地域住民等の関係者に対し、丁寧かつ十分な説明を行うこと、2)バードストライク調査等の事後調査を適切に実施し、接触等の影響が認められた場合は、専門家等の助言を踏まえて追加的な環境保全措置を講ずること、3)風力発電設備の配置及び輸送経路並びに工事用・管理用道路の線形を適切に見直し、擁壁等の構造物の活用等を図り、切土量及び盛土量を可能な限り少量化することで、土地の改変による水環境、植物及び生態系等への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 三重県 | 環境大臣意見 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 松阪飯南ウィンドファーム発電所 | 松阪飯南ウィンドファーム | 松阪市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS