神奈川県、EV活用自家消費システム導入費補助金(平成31年度)の受付を開始

発表日:2019.04.18

神奈川県は、平成31年度EV活用自家消費システム導入費補助金の受付を開始すると発表した(受付期間:2019年4月18日~2020年2月28日)。同県では、「かながわスマートエネルギー計画」に基づき、再生可能エネルギー等の導入加速化に取り組んでおり、その取組の一環として、電気自動車やプラグインハイブリッド車(EV等)を蓄電池として活用促進することと、太陽光発電の自家消費拡大に向けて、ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H)の導入促進を図るため、住宅や事業所にEV等と太陽光発電システムと併せて新たにV2Hを導入する経費の一部補助を行っている。対象事業は、県内の住宅や事業所に、EV等と太陽光発電システムと併せて新たにV2Hを導入する事業。補助率は、1)EV・PHVを新たに導入する場合:補助対象経費の1/3(補助限度額100万円)、2)EV・PHVを導入済み場合:補助対象経費の1/4(補助限度額100万円)、となっている。

情報源 神奈川県 記者発表資料
機関 神奈川県
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 電気自動車 | プラグインハイブリッド車 | 蓄電池 | 神奈川県 | V2H | かながわスマートエネルギー計画 | 太陽光発電システム | EV活用自家消費システム | ビークル・トゥ・ホームシステム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS