環境省、G20資源効率性対話におけるサイドセッションの開催概要を発表

発表日:2019.10.08

環境省は、G20資源効率性対話のサイドセッションとして、グローバル・バッテリー・アライアンス(GBA)に関する世界経済フォーラム(WEF)及び環境省による特別セッションを開催すると発表した。次世代自動車に搭載するバッテリーの原料となる一部のレアメタルは、採掘による環境破壊や、労働問題、バッテリー製造過程自体の環境負荷低減などが課題となっている。WEFでは、持続可能な発展のために必要なバッテリーの役割をより強化させるため、民、官、国際機関等から成るGBA を立ち上げ、同省もその趣旨に賛同し、活動に参加している。同セッションは、令和元年10月11日に国際連合大学(東京都渋谷区)において、公開形式で開催される。GBAについての説明(WEF)、ディスカッション「持続可能なバッテリー・バリュー・チェーン実現のためにできること」(WEF、環境省、参加者)などを行うという(事前申込制、参加費:無料)。

新着情報メール配信サービス
RSS