環境省、石狩湾新港発電所建設計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.02.21

環境省は、石狩湾新港発電所建設計画に係る環境影響評価準備書について、平成26年2月21日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、北海道電力(株)が北海道石狩市及び小樽市の石狩湾の埋立地において、天然ガス火力発電所(総出力170.82万kW(56.94万kW×3機))を新設するもの。発電設備等には、利用可能な最良の技術を採用することにより、可能な限り、環境負荷の低減を行うこととしている。今回の環境大臣意見では、1)排ガス処理設備の適切な運転管理等による大気環境の保全対策、排水の適正な管理による水環境の保全対策、廃棄物の適正な有効活用等の環境保全措置について適切に講じること、2)同発電所の発電設備それぞれの運転開始に併せて、相当規模の経年火力発電設備の発電量を二酸化炭素排出原単位が低い本発電設備に代替することにより、計画的に二酸化炭素排出削減を行うこと、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード CO2 | 環境負荷 | 環境省 | 天然ガス | 北海道電力 | 環境保全 | 環境影響評価 | 火力発電所 | 環境大臣意見
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS