環境省と経産省、水俣条約第3回締約国会議の成果などを紹介

発表日:2019.12.02

環境省と経済産業省は、「水銀に関する水俣条約第3回締約国会議」や関連イベントの成果などを紹介した(開催地:スイス・ジュネーブ、開催期間:2019年11月25日~29日、参加者:1,000名以上)。今回の会合では、同条約実施に係る詳細ルールや、条約事務局の組織体制等の運営に関する事項について事務レベルでの議論が行われた。日本は、締約国の規定の遵守状況を確認する実施・遵守委員会委員に、アジア・太平洋地域ではヨルダン・中国と共に選出され、条約事務局が主催するスペシャルイベント(テーマ:水銀に関する科学と政策の繋がり)に予算を拠出した。また、専門家会合に参画し、会合文書の作成に寄与するとともに、欧州連合と共同で1本の決議案を提出する等、国際的なルール作りに貢献し、水銀対策等に係るブースにおいて日本の水銀対策や水俣市からのメッセージ放映などの情報発信を行ったという。

新着情報メール配信サービス
RSS