国土交通省、アジア太平洋環境プログラム(ASPIRE)へ参画

発表日:2009.10.06

国土交通省は、アジア太平洋環境プログラム(ASPIRE)へ参画すると発表した。同プログラムは、アジア太平洋地域において、管制機関と航空会社が連携をとり、効率的な運航を実現することで、消費燃料及び排出ガスの削減を図ろうとする環境への取り組みで、現在は、米国・豪州・ニュージーランドが参加している。我が国は、これまでRVSM(短縮垂直間隔1,000フィート)と洋上管制間隔の短縮(30海里)、UPR(気象予報等を考慮し任意の経路を飛行)及びCDA(着陸時の最適な降下飛行)を導入するなど、効率的な運航を推進している。今回の我が国の参画により、同プログラム対象空域は太平洋全域となることから、今後、連携をとり運航効率を高めることで、消費燃料の削減や飛行時間の短縮等の便益がもたらされ、排出ガスの削減(JALの試算によればボーイング1機でCO2排出量を13,140kg削減)が可能となるという。

情報源 国土交通省 報道発表資料
機関 国土交通省
分野 地球環境
キーワード CO2 | 国土交通省 | 燃料 | アジア太平洋環境プログラム | ASPIRE | 航空会社 | 運航 | RVSM | UPR | CDA
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS